【CSS】column-countは使いにくい

f:id:Kawan0116:20210429112827p:plain

当ブログは「column-count」を使っています。

簡単に言えば、「display:flex」と似たような動きをするモノです。

ここでは詳しく書きません。いや、書きたくても書けないのです(笑)。

で、「column-count」はとても手軽で使えるCSSですが、ちょっと使いにくいなと思う訳です。

「column-count」の場合は、上から下にドンドン新しい記事が表示されます。

左上の記事が一番新しくて、それより古い場合は下に配置されるという仕組み。

「display:flex」の場合は、一番左が新しい記事で、それよりも古い記事は右に配置されます。

要するに、左から右に時系列としたいなら「display:flex」、上から下に時系列にしたいなら「column-count」を使うという事です。

言葉で説明するのは難しい(笑)。

そういう訳で、「column-count」はちょっと使いにくいなと思った訳です。

恐らく、大勢の人は一番左が新しくて、それよりも古い場合は右に配置されるという常識があると思います。

そこのところを、上から下にするので違和感があるのではないかと。

なので、ちょっと使いにくいなと思ったのです。

まぁ、このブログは、僕が知った新しい技術をドンドン使うというスタイルですので、今回は「column-count」を使うことにします。