iPhoneで低電力モードを常にONにする方法

シェアする

スポンサーリンク

iPhoneで低電力モードを常にONにする方法

ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です!

iOS9から搭載されている低電力モード。低電力モードはバッテリーが残り20%になるとiPhoneが低電力モードとなる。

低電力モードになると、バッテリー消費が抑えられバッテリー切れが中々起きず重宝するモードだが、低電力を常にONにしておきたいと思ったことはないだろうか?!

今回は、iPhoneで低電力モードを常にONにする方法をご紹介する!

スポンサーリンク

iPhoneで低電力モードを常にONにする方法。

iPhoneで低電力モードを常にONにする方法は2つほどある。まず1つめはiPhoneのホーム画面の「設定」→「バッテリー」の順に進み、「低電力モード」をON(白→緑)にする方法だ。

通常、低電力モードはバッテリー残量が80%以上になると自動的にオフとなる。しかし、上述した設定を行うとバッテリー残量が80%以上あっても低電力モードを常にONにすることができる。

通知画面から低電力モードをONにする

上述したように、低電力モードはバッテリー残量が80%以上になると自動的にオフになる。低電力モードを常にONにしたい場合、設定画面から行うことが必要である。

複雑な操作ではないので、すぐに低電力モードをONにするのは簡単だが、実はiPhoneを充電中の画面に表示される通知から低電力モードをONにすることが可能。

iPhoneで低電力モードを常にONにする方法

設定方法は簡単で、通知画面「低電力モードが・・・」を左にスワイプし「再度有効にする」をタップすればバッテリー残量が80%以上でも低電力モードがONのままとなる。こちらの方がより簡単な方法だ。

iPhoneで低電力モードを常にONにしたい方は上述した2つのいずれかの方法を実施し、低電力モードを常にONにするべし!

iOS9.3.2をiPhone5sにインストールして使ってみた感想
iOS9.3.2をiPhone5sにインストールして使ってみた感想
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! AppleがiOS9.3.2をリリースしたので、早速手元のiPhone5sにiOS9.3.2をインストールしてみました。今回は、iOS9.3.2をiPhone5sにインストールして使ってみた感想をご紹介します★...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする