【レビュー】FonePaw iOS転送 ー iTunesよりも簡単に写真を転送可能

シェアする

スポンサーリンク
【レビュー】iTunesよりも簡単に写真を転送できる「FonePaw iOS転送」

【image via FonePaw iOS転送

ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です!

普段、iPhoneやiPadにある写真のバックアップはAppleが提供しているiTunesを使用している。ただ、iTunesは起動が遅い、操作が分かりにくいといった点があり、iTunesを使って写真の同期をするのが億劫になっていた。

もっと手軽に写真を転送できるアプリはないかと探していたら、FonePaw iOS転送というアプリを発見!

iTunesよりも直感的な操作が可能で、起動も軽いと評判で使ってみることにした。今回はFonePaw iOS転送を使って写真を転送してみたのでレビューをお届けする!

スポンサーリンク

FonePaw iOS転送ってなに?

簡単にいえば、iTunesの代替アプリだ。iTunesと同じく音楽やメッセージ、連絡先や動画、もちろん今回メインでレビューする写真の転送が出来る。

FonePaw iOS転送は有料アプリとなっており料金は下記の通りとなっている。Mac版、Windows版とも価格は同じだ。

OS シングルユーザーライセンス マルチユーザーライセンス
Mac 3,980円 6,980円
Windows

FonePaw iOS転送は無料版(30日間)があるので、まずはFonePaw iOS転送を使ってみてから購入しても良いだろう。

FonePaw iOS転送のインストール

FonePaw iOS転送

FonePaw iOS転送のインストールは、FonePaw iOS転送の公式製品ページからダウンロード出来るようになっている。僕はMacBook Airを使っているのでMac版のFonePaw iOS転送をダウンロードした。

FonePaw iOS転送

ダウンロードしたアプリをApplicationsフォルダに入れればインストール完了。これでFonePaw iOS転送が使えるようになった。FonePaw iOS転送では以下のiOSデバイスに対応している。

対応デバイス
iPhone iPhone 6s/6s Plus,iPhone 6/6 Plus,iPhone5s/5c/5,iPhone4S,iPhone 4/3GS
iPad iPad Pro,iPad Air 2,iPad Air,iPad mini Retinaディスプレイ,iPad 4,iPad mini 2,iPad mini,iPad 3,iPad 2,iPad
iPod iPod touch 6,iPod touch 5,iPod touch 4,iPod nano,iPod shuffle,iPod classic

FonePaw iOS転送の起動。

FonePaw iOS転送

FonePaw iOS転送を起動すると、ライセンスの登録画面が表示されるが、30日間無料お試しで使うことが出来る。

また、転送数に制限があるが写真などの転送もできるようになっている。まずはお試しでFonePaw iOS転送を使ってみて、気に入れば購入すれば良いだろう。今回は、無料お試しでFonePaw iOS転送を使うため「後で購入」をクリックした。

FonePaw iOS転送

FonePaw iOS転送のメイン画面。スッキリとしたデザインで直感的に操作出来る画面となっている。見るからに使いやすそうな画面だ。

FonePaw iOS転送

iTunesの画面。FonePaw iOS転送に比べれば、ゴチャついた画面となっている。FonePaw iOS転送の画面の方が分かりやすい。

FonePaw iOS転送

FonePaw iOS転送にiPad Air2を認識させてみた。iPad Air2なのに画像はiPhoneのままというのが少し気になるが、機能的には何ら問題ない。

FonePaw iOS転送を使って写真をMacBook Airに転送する。

それでは、iPad Air2内の写真をMacBook Airへ転送したいと思う。まずはFonePaw iOS転送画面の「写真」をタップする。

FonePaw iOS転送

すると、iPad Air2内にある写真を確認することが出来る。「カメラロール(40)」をダブルクリックする。

FonePaw iOS転送

写真をサムネイルで確認することができる。写真をダブルクリックすると大画面で写真を確認することができる。

FonePaw iOS転送

写真を選んで転送する時は、この画面から写真を選び「エクスポート」をクリックする。

FonePaw iOS転送

すると、写真の保存先選択画面になるので任意の場所に保存する。FonePaw iOS転送ではカメラロール内の写真全てを転送することも出来るし、任意の写真を選んで転送することも出来る。この点はiTunesより優れているだろう。

また、カメラロール内の写真(40枚)をエクスポートしてみたが、わずか数秒でエクスポートが完了した。これほど手軽に転送出来るならバックアップによる手間が軽減して良いだろう。

MacBook Air内の写真をiPad Air2に転送する。

次に、MacBook Air内の写真をiPad Air2に転送したいと思う。

FonePaw iOS転送

MacBook Air内の写真をiPad Air2に転送するには、FonePaw iOS転送画面の「追加」をクリックする。

FonePaw iOS転送

すると、ファイルの選択画面になるので、任意の写真を選択し「開く」をクリックする。

FonePaw iOS転送

すると、iPad Air2内に写真が転送された。転送にかかる時間はわずか1〜2秒程度。素早く写真の転送が完了した!

FonePaw iOS転送

試しに5枚ほど同時に転送してみたが、この場合も3〜4秒で転送が完了した。iTunesよりも速く転送することが可能となっている!

FonePaw iOS転送のまとめ。

今回はFonePaw iOS転送のレビューをお届けした。FonePaw iOS転送はiTunesの代替アプリとして十分に使えるアプリだと感じた。むしろFonePaw iOS転送をメインに使ってみたいと思っている。

iTunesにはないシンプルで直感的な操作でiPadの写真を管理できる。僕はこの点が非常に気に入った。iOSのアップデートはさすがにiTunesを利用するしかないが、iPhoneやiPadのデータをバックアップする時は、FonePaw iOS転送を使っていきたいと思う。

今回はFonePaw iOS転送を使って写真転送のレビューをお届けしたが、FonePaw iOS転送には写真の他にも様々なデータに対応している。iTunesの代替アプリとして十分使えるアプリだ。

対応ファイル
テキスト(4種類) 連絡先,メッセージ,ePub,PDF
メディア(10種類) 音楽,映画,プレイリスト,テレビ番組,ミュージックビデオ,Podcasts,iTunes U,着信音,オーディオブック,ボイスメモ
フォトファイル(5種類) カメラロール,パノラマ,ビデオ,フォトライブラリー,アルバム

iTunesは操作が難しくて良く分からない、iTunesが重いと思っている方など、iTunesに変わるアプリを探している方にFonePaw iOS転送をおすすめする!

公式サイト

FonePaw iOS転送
Mac版FonePaw iOS転送のダウンロード先
Windows版FonePaw iOS転送のダウンロード先

スポンサーリンク

シェアする

フォローする