iPhoneのメモリを解放し、メモリ不足を解消する方法。

iPhoneを使っていて、急に動作が重いと感じることはありませんか?すぐ開くはずのアプリが中々起動しないといった経験はありませんか?

iPhoneが急に重いと感じた場合、メモリ不足を起こしているかも知れません。そんな時はiPhoneのメモリを解放させると良いのかも知れません。今回は、iPhoneのメモリを解放し、メモリ不足を解消する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneのメモリを解放し、メモリ不足を解消する方法。

まずはじめにiPhoneの電源ボタンを長押しして下さい。するとiPhoneの画面に「スライドで電源オフ」と表示されます。

ここで、終了してはいけません。電源ボタンは押したままで、ホームボタンを長押しして下さい。

そうすると自動でiPhoneのホーム画面が表示されます。これでiPhoneのメモリが解放され、メモリ不足を解消出来たはずです。

上の作業する際にアプリを立ち上げたままだった場合は、そのアプリを立ち上げてみて下さい。そして、どこかをタップするとアプリアイコンから起動する時と同じように、再読み込みされることが確認出来ます。

一般的に、iOSはメモリ管理に優れていますので、この操作を頻繁に行う必要はありません。iPhoneを使っていて急に重いと感じた場合は、メモリを解放しメモリ不足を解消させてみて下さい。

Source:Life hacker

スポンサーリンク

筆者について

2015年9月にうつ病を発症後、双極性障害、社交不安障害となり会社を休職。妻からは見放され離婚。

傷病手当金など社会保障を受けることができないので、マイペースで出来る専業ブロガー、ライターとして活動して生活しています。

ブログではApple関係のニュースを中心に配信していますが、AndroidやWindows、デジカメ、企業様からご依頼頂く商品レビューの記事も配信しています。

記事作成のご依頼や商品レビューのご依頼などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。基本的には24時間以内にお返事致します!

お問い合わせ