iPad Proで使えるキーボードは2種類。それぞれの利点と欠点とは!?

シェアする

スポンサーリンク

iPad Proで使えるキーボードは2種類。それぞれの利点と欠点を紹介します。

ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です!

iPad Proで使えるキーボードは、Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのものと、Bluetooth接続タイプの2種類のキーボードが使えます。

今回は、iPad Pro用のSmart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードとBluetooth接続タイプのキーボードそれぞれの利点と欠点を紹介します。

スポンサーリンク

Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードの利点

iPad Pro用Smart Keyboard

【img via Apple

Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードの利点と言えば、BluetoothのようにiPad Proとペアリングが不要なところ。

もう1つはキーボードの充電はSmart Connector(スマートコネクタ)経由で行われるため、充電が不要なこと。まぁiPad Pro経由で充電されるため、iPad Proの電池が消耗する訳ですが。

まぁそれでも、Bluetoothキーボードを使う場合は、iPad ProとBluetoothキーボードの電池容量を気にする必要がありますから、Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードを使うとキーボードの電池残量を気にする必要はないので、それはそれで良いですね★

Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードの欠点

Smart Connector(スマートコネクタ)対応キーボードの欠点は値段が高いのと、僕の知る限り現在2種類しかないというところでしょうか。

現在、Smart Connector(スマートコネクタ)対応のキーボードはiPad Pro純正の「Smart Keyboard」。お値段2万円くらいします。

ちなみに、Smart Keyboardの重さは334g。Appleオンラインストアに重さは載ってませんが、Macお宝鑑定団Blogに載ってました。

iPad Proが713gあるので、Smart KeyboardをiPad Proに装着すると1047g。まさかの1kg超えです。

あと、もう1つSmart Connector(スマートコネクタ)に対応しているキーボードはロジクールのCREATE iPad Pro キーボードケース 「Ik1200」

ロジクール CREATE iPad Pro キーボードケースIk1200

【img via ロジクール

こちらもお値段2万円以上します。ロジクール CREATE iPad Pro キーボードケースIk1200の重さは、メーカー公式サイトによると725g。iPad Proにこれを装着すると1.438g。ノートPC並みの重さで僕の使っているMacBook Airより重いです。

ロジクール、「CREATE iPad Pro キーボードケース(Ik1200)」を発表。
ロジクール、「CREATE iPad Pro キーボードケース(Ik1200)」を発表。
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! ロジクールがiPad Proのスマートコネクターに対応したiPad Pro用キーボードケース「CREATE iPad Pro キーボードケース(Ik1200)」を発表しました。 ロジクールのiPad...

Bluetooth接続タイプのキーボードの利点

Bluetooth接続タイプのキーボードの利点と言えば、Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードに比べて価格が安いというところですね。

Amazonで探せば、Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードのように、iPad Proと一体型になるようなキーボード付きケースを簡単に見つけることが出来ます。

【iPad Pro用キーボードが3,000円】VSTN iPad Pro用キーボード付きケース
【iPad Pro用キーボードが3,000円】VSTN iPad Pro用キーボード付きケース
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! AmazonでiPad Pro用キーボード【VSTN】 Apple iPad Pro用キーボード付きケースが3,000円ちょうどで発売されています。 iPad Proには純正キーボード「Smart Ke...

個人的にお勧めするのは以下のキーボード。

Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A
アップル (2015-10-14)
売り上げランキング: 8,059

Apple純正のMagic Keyboardです。ケース一体型ではないですがJISキーボードとなっていて「英数」「かな」キーがあり、入力切替が楽です。

US配列キーボードの場合、入力切替は「Control」+「Space」キーを押す必要がありますが、Magic Keyboardの場合、英語を入力する時は「英数」、日本語入力する時は、「かな」キーを押すだけです。

たったこれだけですが、入力スピードが随分と違ってきます。ケース一体型でないのが難点ですが、それでもこのキーボードがとてもお勧めです。

Bluetooth接続タイプのキーボードの欠点

Bluetooth接続タイプのキーボードの欠点は、初めてiPad Proで使うときペアリングが必要というところでしょうか。

まぁ初回のみ必要な作業なので欠点とは言えないかも知れませんが、Smart Connector(スマートコネクタ)タイプのキーボードだとペアリングが不要なので、欠点として上げさしてもらいました。

また、Bluetooth接続タイプのキーボードはキーボードを充電しないといけないという手間が発生しますね。iPad ProとBluetoothキーボード両方の電池残量を気にする必要があります。

まとめ

今回はiPad Proで使えるキーボードについて紹介しました。iPad ProをノートPC風に使うならキーボードは必須。

また、iPad ProはMacBookやMacBook Air 2015 11インチより大きなディスプレイサイズ(12.9インチ)なので、ノートPC風に使うのが良さそうな気がします。

個人的な意見は、iPad Proにキーボードを用意するなら、Bluetooth接続タイプのキーボードを選び、なおかつ、ケースと一体型になっていないBluetoothキーボードを選びます。

と言うのも、現在リュウドのBluetoothキーボード「RBK–3200BTi」を使っていまして、これがめちゃ打ちやすい。キーピッチが18mmあって打ち心地がとても良くて重宝しています。

なので、iPad Proにはスタンドにもなるケースを装着してリュウドのBluetoothキーボード「RBK–3200BTi」でiPad Proでサクサクと文字を打ち込んでいきたいと思っています。

愛用中のキーボード「リュウド RBK-3200BTi」の良いところをご紹介します!
愛用中のキーボード「リュウド RBK-3200BTi」の良いところをご紹介します!
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! 今回は、僕が愛してやまないBluetoothキーボード「リュウド RBK–3200BTi」のご紹介をしたいと思います。 僕にとって、iPad Air2でモブログするにはRBK–32...
ロジクール、iPad Pro用充電スタンド「BASE」を発売
ロジクール、iPad Pro用充電スタンド「BASE」を発売
ども、モブロガーのかわん(Kawan@Cooolblue)です! ロジクールがiPad Pro 12.9インチ及び9.7インチで使える充電スタンド「BASE」を発売しました★価格は12,800円となっています。 BASEは、Smart Connectorを使用して充電でき...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする