【レビュー】PENTAX K-S1 300Wズームキット ー 基本性能が充実したカメラ

シェアする

スポンサーリンク

【レビュー】PENTAX K-S1ダブルズームキットの購入レビュー

ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です!

今回は僕が購入したデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S1(300wズームキット)」のレビューをしたいと思います。ちょっと長いですが、最後までお読み頂ければとても嬉しいです★

スポンサーリンク

PENTAX K-S1はちょっとヘンテコな形だけど凄く持ちやすい!

PENTAX K-S1

PENTAX K-S1の特長はなんといっても、他のデジタル一眼レフカメラとはちょっと違う形のボディ。

でもね、凄く持ちやすいですよ。嘘だと思うなら今すぐ店頭でPENTAX K-S1を持ってみて下さいwww

PENTAX K-S1のファインダーは視野率100%で写真が撮りやすい。MFでのピント合わせもしやすい。

PENTAX K-S1のファインダーの視野率は100%です。なので、ファインダー内に収まってるままの写真が撮れます。

デジタル一眼レフカメラの中にはファインダー視野率が100%ではないものがたくさんあって、そんなデジタル一眼レフカメラで撮ると、ファインダー内で見えてるものより、もうちょっと広い範囲で写るものもあります。

なので、ファインダー視野率が100%でないデジタル一眼レフカメラで撮ると、ファインダー内ではきっちり構図を決めて、余計なものをファインダーから外して撮っても、実際出来上がる写真は余分なものが写ってたりするわけです。

上にも書きましたが、PENTAX K-S1のファインダー視野率は100%。なのでファインダー内で写ってるものが、そのままの形で写真が出来上がります。

あと、PENTAX K-S1のファインダーはとても見やすくてMF(マニュアルフォーカス)でのピント合わせが非常に楽です。

僕はフリーランスフォトグラファー、別名カメラオタなので、キヤノンのEOS 6Dとか60Dとか、オリンパスのOM-D E-M5とかでもファインダーが付いたカメラを使ってきた訳ですが、ファインダーの見やすさは、PENTAX K-S1が1番ですね★

PENTAX K-S1(300wズームキット)のキットレンズ、smc PENTAX-DA L55–300mmF4–5.8EDは写りは良いが、AF動作音が物凄くうるさい

デジタル一眼レフカメラのキットレンズってあまり写りが良くないイメージがあるのですが、PENTAX K-S1(300wズームキット)のsmc PENTAX-DA L55–300mmF4–5.8EDの写りはかなり優秀です。これは作例を見て頂きましょう。

leaves by Hade Chiru on 500px.com

デジタル一眼レフカメラなので、PENTAX K-S1に限らずボケを活かす写真をすんなりと撮ることが出来ます。

最近のスマホカメラ、例えばiPhone 6sのカメラも優秀ですが、上の写真のようなボケを活かす写真を撮ることは出来ないでしょう。

個人的には単焦点フェチなので、そう遠くないうちにPENTAX K-S1で使える単焦点レンズを購入する予定ですが、PENTAX K-S1(300wズームキット)のレンズ「smc PENTAX-DA L55–300mmF4–5.8ED」でもかなり満足です。

ただし、smc PENTAX-DA L55–300mmF4–5.8EDのAF動作音はかなりうるさいです。友人からはドリルで穴を掘ってるみたいと言われましたwww

それは、言い過ぎやろ!と思いましたが、smc PENTAX-DA L55–300mmF4–5.8EDのAF動作音はうるさい。野鳥撮りの人がいたら確実に怒られそうなレベルです。

PENTAX K-S1(300wズームキット)のもう1つのキットレンズ「smc PENTAX-DA L18–55mmF3.5–5.6AL」の写りは普通に良く写ります。こちらのAF動作音はかなり静かです。被写体まで30cmくらいまで寄れます。

Untitled by Hade Chiru on 500px.com

PENTAX K-S1(300wズームキット)に付いてきた2つのレンズ「smc PENTAX-DA L18–55mmF3.5–5.6AL」、「smc PENTAX-DA L55–300mmF4–5.8ED」があれば、広角から望遠までの写真を撮ることが可能。

スマホのカメラより、様々な写真を撮ることが可能です。レンズの写りの良さが良いと感じるかどうかは、個人差ありそうですが、フリーランスフォトグラファーで貧乏フォトグラファーな僕は、この2つのレンズで当分乗り切る予定です。

PENTAX K-S1はスマホからのステップアップをコンセプトに作られたカメラ

これ、僕が言ってるんじゃなくて、PENTAXの中の人が言ってます。

最近では、まずスマートフォンで写真の楽しさを覚え、もっと高画質な写真を本格的に楽しみたいというお客様が増えてきていることがマーケティング調査などで分かっていました。K-S1は、そのような写真を気軽に楽しまれてきた方が一眼レフカメラに関心を持たれたとき、最も選んでいただきやすい標準的なモデルにしようということで、そういう意味ではK–3やK–50といった既存の製品とは異なる新ラインアップという位置づけで開発しています。
引用元:PENTAX

なので、スマホカメラで満足出来ない方はPENTAX K-S1に乗り替えるのは十分ありだし、そうでない人もPENTAX K-S1は低価格ながら、ローパスフィルターレスや視野率100%を実現したPENTAX K-S1はおすすめのカメラです★

PENTAX K-S1の価格は発売当初は10万超えみたいだったのですが、発売から1年以上たった今、約半額の5万円ほどで買えるようになっています。

以上、PENTAX K-S1(300wズームキット)の購入レビューでした★

PENTAX K-S1用の単焦点レンズ「DA35mmF2.4」が欲しくてもやめた理由
PENTAX K-S1用の単焦点レンズ「DA35mmF2.4」が欲しくてもやめた理由
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! 写真の趣味用に購入したPENTAX K-S1 300Wズームキットを使い始めて数ヶ月ほど経ったのですが、早くも単焦点レンズが欲しくなりました^^; ちなみに、PENTAX K-S1を購入した時に...
マイクロフォーサーズやAPS-C、フルサイズも使ってきた僕が、どれが良いか比較してみます
マイクロフォーサーズやAPS-C、フルサイズも使ってきた僕が、どれが良いか比較してみます
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! 今回は「マイクロフォーサーズやAPS-C、フルサイズも使ってきた僕が、どれが良いか比較してみます」ってお話し。 過去にこのブログで書いたことありますけど、結構カメラを頻繁に買い替えてます...

img via PENTAX

スポンサーリンク

シェアする

フォローする