【iOS9】Wi-Fiアシストがオンだと通信量が増える場合がある。

シェアする

スポンサーリンク

iOS9.1をはじめ、iOS9の新機能のひとつ「Wi-Fiアシスト」というのがあります。このWi-Fiアシストは、Wi-Fiでネットなどをしている時にWi-Fi接続が不安定になると、モバイルデータ通信(4GやLTE)を利用して接続を安定させる仕組みです。

しかし、この「Wi-Fiアシスト」。あまりに使ってるとモバイルデータ通信が増えてしまう原因になることがあります。

しかも、「Wi-Fiアシスト」はiOS9.1(iOS9)ではじめから「オン」になっていますので、モバイルデータ通信が増えるのが嫌な場合は、自分で設定する必要があります。

「Wi-Fiアシスト」をオフにするのはとても簡単で、iOS9.1(iOS9)のiOSデバイスの【設定】→【モバイルデータ通信】でオン/オフの切替が出来ます。

スポンサーリンク

海外では訴訟問題が起きています。

アップルは「Wi-Fiアシスト」に関する特設ページを設けて、

「Wi-Fiアシストは大容量のデータ通信を行う音楽やビデオストリーミングなどのサードパーティ製アプリ、メールの添付ファイルのダウンロードにはWi-Fiアシストは機能しない」

と説明しておりWi-Fiアシストによるデータ通信量は数パーセント増に留まるとの見解を示しています。

しかし、海外のお話しになりますが、iOS9.1(iOS9)から搭載された「Wi-Fiアシスト」について、アップルが説明を怠ったとして、アップルに対し500万ドル(約6億円)の集団訴訟が発生しています。

モバイルデータ通信量が増えた、もしくはモバイルデータ通信を増やしたくないと思う場合は?

先述しましたように、iOS9.1(iOS9)の新機能のひとつ「Wi-Fiアシスト」の機能をオフにしておけば、余計なモバイルデータ通信が増えることがありません。

再度の設定方法の解説になりますが、「Wi-Fiアシスト」の機能を無効にする方法は、【設定】→【モバイルデータ通信】をオフにして下さい。

via iPhone Mania:iOS9のWi-Fiアシスト、「予想以上にデータ消費激しい」としてアップル訴えられる

iOS9の新機能「Wi-Fiアシスト」を解説します。
iOS9の新機能「Wi-Fiアシスト」を解説します。
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! アップルがiOS9の新機能の1つ、「Wi-Fiアシスト」に関する解説ページを公開しました。 今回は、iOS9の新機能「Wi-Fiアシスト」に関して当ブログでも解説をしたいと思います。 ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする