iPhone標準の「カメラ」アプリで露出補正(明るさ調整)する方法

シェアする

スポンサーリンク

iPhone7

かわん(@kawan_clb)です。

iPhone標準のカメラアプリって露出補正(明るさ調整)出来るの知ってました!?僕、全然知りませんでした(笑)。あれだけカメラアプリで撮りまくっていたのに(笑)。

ってことで、iPhone標準のカメラアプリで露出補正(明るさ調整)する方法を解説します!

スポンサーリンク

iPhone標準のカメラアプリで露出補正(明るさ調整)する方法

やり方はとっても簡単です。カメラアプリを起動し、画面内をタップしたら『黄色い枠』と『太陽マーク』が表示されます。そして、指を上にスライドするとプラス補正(明るくする)、指を下にスライドするとマイナス補正(暗くする)することができます。

  • 指を上にスライド:プラス補正(明るくする)
  • 指を下にスライド:マイナス補正(暗くする)

直感的でとても分かりやすい!僕は露出補正しなければならない場合、『ProCam』を使っていました。

露出補正のしやすさは『ProCam』よりiPhone標準の『カメラ』アプリの方がしやすいです。僕的にカメラアプリはiPhone標準の『カメラ』アプリで十分やんって思いました。

まとめ

写真における明るさは、写真の良し悪しを大きく左右するものです。なので明るさの調整はとっても大事。iPhone標準の『カメラ』アプリを使っている方はお試し下さいね!

おしまい!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする