Snapmartに写真の出品をひっそりと再開。作品発表の場として利用しよう

シェアする

スポンサーリンク

かわん(@kawan_clb)です。

数日前からSnapmartに写真の出品をひっそりと再開しています。Snapmartからは撤退すると発表しましたが、ちょっと考えが変わりましてね。

Snapmartで写真は売れない。かわん、勇気ある撤退を行う
Snapmartで写真は売れない。かわん、勇気ある撤退を行う
かわん(@kawan_clb)です。 Snapmartに参戦してどれだけの日が経ったであろう・・・ちょっと忘れちった(笑)。Snapmartでは、今まで6枚の写真が売れた。100枚以上販売してたった6枚(笑)。儲けたった324円(笑)。これが現実です。 もう綺麗な写真...
スポンサーリンク

写真販売を目的としない

現在、僕の作品は500px、Instagram、Twitter、ブログで発表しています。これに加えてSnapmartでも作品を発表すれば、より多くの方に僕の作品を見てもらえると思いました。

なので、Snapmartに写真の出品を再開したのです。僕の作品は癖があり、売れるとは思えません。でも写真販売を目的としていないので売れなくていいです。

売れたら嬉しいですけどね

もちろん、写真が売れたら嬉しいですよ。僕の作風が認められたって思うし。でも、上記に書いたように写真を売る為にSnapmartに出品する訳じゃありません。単に作品発表の場として利用します。

写真を売る為に撮っていない

僕は、写真を売る為に撮っているのではありません。写真を売る為に撮るんだったら、写真をゴニョゴニョと加工することはありません。

なんかね、写真を販売する為に撮るってのが嫌なんです。自分の嫌いな被写体なんて撮る気が失せるのです。だから今後も撮りたいものを撮り、僕の作風で写真を完成させSnapmartに投稿したいと思っています。

まとめ

写真で儲けようなんて、これっぽっちも思っていない僕。商才があれば、売れる写真を分析して、それに沿って写真を撮り販売するんですけどね。

まぁ、売れる写真はだいたい分かっています。人物がやはり強いんですね。僕の場合、被写体になってくれる人なんていないし、Snapmartで写真が売るなんてことは無理ゲーなんですね。それでも過去に6枚売れたのは奇跡ですけどw

ってことで、Snapmartにもちょこちょこ作品を発表していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする