【レビュー】エレコム 「TK-FBP052」。モブログに最適なキーボード!?

シェアする

スポンサーリンク
エレコム ワイヤレスキーボード Bluetooth3.0 パンタグラフ Windown/iOS切替 ブラック TK-FBP052BK

かわん(@kawan_clb)です。

モブログはフリック入力オンリーで行こうと思い、バンカーリングだけ買おうと思っていました。

iPhone7用のバンカーリングを探してみた
iPhone7用のバンカーリングを探してみた
かわん(@kawan_clb)です。 iPhone7で絶賛モブログ中です。めっちゃ快適。なんでもっと早くモブログしなかったんだろう。 ただね、ちょっと不便なことがあって。それはiPhone7を思わず落下させてしまう事案があるんだよね。 なので、バンカーリングの導...

しかし、たまたま近所のヤマダ電機に行ったら良さげなキーボードを発見。思わず買っちゃいました(笑)。

ってことで、今回はエレコムのBluetoothキーボード「TK-FBP052」のレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

TK-FBP052のレビュー

TK-FBP052

外装箱は普通ですね。ワクワク感は一切ありません。

TK-FBP052

内容物はキーボード本体と単三電池、説明書となっています。

TK-FBP052

日本語の刻印はありません。なので、シンプルでオシャレです。これが購入の動機やったりします。

TK-FBP052

電池は裏面に装着します。単三電池1本で駆動します。

TK-FBP052

矢印キーは独特です。これ、慣れるのに苦労しそう・・・

ペアリング

TK-FBP052

TK-FBP052をペアリングします。TK-FBP052の相棒はiPhone7にしました。まず、TK-FBP052の電源を入れたら電池マークのところが点滅します。

もし、点滅しなげれば「Fn」+「ESC」キーを押します。すると電池マークのところが点滅します。

TK-FBP052

そのあとiPhone7側で一般的なBluetooth機器を接続する設定を行います。

使い心地

それでは、肝心なTK-FBP052の使い心地をみてみましょう。

打鍵音が大きい

TK-FBP052の打鍵音は割と大きめです。カチャカチャ音がします。なので、静かな環境やとちょっと目立つかも・・・

打ちやすい

TK-FBP052は小型のBluetoothキーボードながら打ちやすさは抜群にいいです。長文入力も余裕です。

TK-FBP052のキーピッチは17.4mm、キーストロークは1.7mmとなってますので、タイピングには最適なキーピッチじゃないでしょうか。

ただ、キーボードの打ちやすさは個人によって異なりますので試し打ちした方が良さそうです。

軽い

TK-FBP052はめっちゃ軽いです。見た目も安っぽいのでおもちゃみたい(笑)。でも持ち運びしやすいと思います。

矢印キーに慣れが必要

TK-FBP052

上記で触れましたが矢印キーが独特です。なんでこんな事にした・・・まぁ慣れれば問題ないと思いますが、慣れるまではイライラしそうです。

まとめ

僕はキーボードにうるさいので、ちょっとでも使いにくいと感じたら直ぐに捨てます。なので、今まで捨ててきたキーボードは数知らず。手元に置いておくのは生理的に嫌なんです。

TK-FBP052に関しては、今のところ合格点。何より重さが軽いし安物やから気を使わないってところがいいですね。余裕で持ち運び出来ますし。

モブログはフリック入力で行おうと思っていましたが、ちょっとTK-FBP052を使って書いていきたいと思っています。

ってことでTK-FBP052は低価格な割に十分打ちやすいキーボードやと思います。キーボードにうるさい僕でも、そこそこ満足しているのでおすすめです。

気になる方はチェックして下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする