ソフトウェアキーボードは2,000文字が限界かな。もうちょっと頑張ればもっといけるようになるかな。

シェアする

スポンサーリンク

かわん(@kawan_clb)です。

iPad Pro 12.9インチのソフトウェアキーボードで記事書きをして間もなく1週間。来る日も来る日も練習がてら記事書き。途中で嫌になってSmart Keyboardを使ったりもしましたが、結局ソフトウェアキーボードに戻っています。

スポンサーリンク

今のところは2,000文字が限界かな

ソフトウェアキーボードでクソ記事を量産して1週間。1番長い記事で約2,000文字。これ以上はキツイ。まぁネタ自体が薄いので2,000文字で終わってる部分がありますが・・・

とにかく2,000文字が限界です。それ以上は指が暴走し、打ち損じしまくります。ただでさえ打ち損じが多いので2,000文字以上打つとイライラもMAXになるでしょう。

ソフトウェアキーボードのここがウーン・・・

ソフトウェアキーボードはデメリットが多いです。それなのにソフトウェアキーボードを使っている僕は変態か(笑)。

感度が良すぎ

ソフトウェアキーボードってキーに少しでも指が触れると入力されてしまうのです。なので、指を上に上げておく必要があります。手首への負担が物凄いです。

ソフトウェアキーボードの練習を始めた頃は、手首が痛かったですからね。今はなんともありませんが・・・

Enterキーが小さい

ソフトウェアキーボードってEnterキーがめっちゃ小さいです。なのでEnterキー周辺のキーを押しまくりです。最近は慣れましたが、最初はカッコを結構打ってしまいましたね。その度にイライラ。iPad Pro 12.9インチを投げ飛ばしそうになりましたよ(笑)。

ショートカットキーが使えない

Smart Keyboardやと普通に使えるキーボードショートカットキーが使えません。Appleは上手いことやってますね。ソフトウェアキーボードでショートカットキーを使えたらSmart Keyboardを買わない人が現れますもんね。

商魂たくましい!

画面半分がキーボードで占有されてしまう

iPad Pro 12.9インチは文字通り12.9インチもあるのに、ソフトウェアキーボードを使うと画面半分がキーボードで占有されてしまいます。

なんか、画面を有効活用できていないような・・・

ソフトウェアキーボードのここがイケてる

ソフトウェアキーボードのイケてる点を何点か・・・いや、一点しかないか(笑)。

予測変換が便利

Smart Keyboardでは邪魔をしてくる予測変換が、ソフトウェアキーボードやととても便利です。過去記事に書いたかも知れませんが、文字を打ってる途中で変換候補が表示されるので、目当ての単語を選べばOK。

これ、かなり助かっています。

やっぱり素直にSmart KeyboardやBluetoothキーボードを使いましょう

ソフトウェアキーボードは、ブラインドタッチができる人で、なおかつ中級者〜上級者向きやと思いますね。まぁ初心者でも練習すればソフトウェアキーボードでも全然打てるようになりますが、とにかく練習が大変。

最悪、文字打ちしたくなくなります。僕、練習中に何回か経験しました。それで、Smart Keyboardを使うんですが、

「練習した時間が無駄になる!」

って思って再びソフトウェアキーボードで練習をしています。普通はこんなことしないでしょう。僕は暇人だし、練習する時間が物凄いあるので、ソフトウェアキーボードを使っていますけどね。

なのでiPad Pro 12.9インチなどで文字打ちするなら素直にSmart Keyboardを使うかBluetoothキーボードを使用しましょうね。

Apple Smart Keyboard 9.7インチiPad Pro用 キーボード MM2L2AM/A MM2L2AMA
Apple(アップル)
売り上げランキング: 3,556
apple MJYR2AM/A iPad Pro Smart keyboard
Apple Computer
売り上げランキング: 23,288
Apple Magic Keyboard - JIS MLA22J/A
アップル (2015-10-14)
売り上げランキング: 12,022
iPad Pro 12.9インチで使うキーボードは「Smart Keyboard」 or 「Magic Keyboard」!?
iPad Pro 12.9インチで使うキーボードは「Smart Keyboard」 or 「Magic Keyboard」!?
かわん(@kawan_clb)です。この記事はiPhone7で書いてます。まぁそれはどうでも良いとして、今日の話題はiPad Pro 12.9インチで使うキーボードは「Smart Keyboard」!?それとも「Magic Keyboard」!?ってお話。 僕は両方持ってい...

まとめ

何でも慣れやと思うので、このままソフトウェアキーボードを使うとSmart Keyboard並みに速く打てるようになると思います。ってか既にそうなっています。

あとは打ち損じを少なくすれば、Smart Keyboardより速く文字打ちすることが出来るでしょう。予測変換と組み合わせれば絶対にSmart Keyboardより速くなるはず。

あとね、Smart KeyboardやBluetoothキーボードを使っても必ず打ち損じするでしょ。なので、どんなキーボードを使っても一緒かなって思います。

それならば、お気に入りのキーボードを使いましょってことでソフトウェアキーボードを使っています。僕はキーボードマニアなのでキーボードにはうるさいです。

なので、ソフトウェアキーボードはハッキリ言ってクソです。それでもソフトウェアキーボードを使うのは・・・

アホで暇で物好きだからです(笑)ソフトウェアキーボード絶対マスターしてやっぞ。僕は何だかんだ言ってソフトウェアキーボードが好きだ!

おしまい!

僕がソフトウェアキーボードで文字打ちする時のコツを伝授。これであなたもソフトウェアキーボードをマスターできる!?
僕がソフトウェアキーボードで文字打ちする時のコツを伝授。これであなたもソフトウェアキーボードをマスターできる!?
かわん(@kawan_clb)です。 iPad Pro 12.9インチのソフトウェアキーボードで文字打ちを始めて5日。だいぶ早打ち出来るようになりました。打ち損じはまだまだ多いですけどね。はじめに比べたらだいぶスムーズに文字打ちをすることが出来るようになりました。 っ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする