【レビュー】SONY MDR-XB50 ー 低音重視のイヤホン

シェアする

スポンサーリンク

MDR-XB50

かわん(@kawan_clb)です。今回はSONYのイヤホン「MDR-XB50」をレビューしたいと思います。このイヤホン、低価格なイヤホンなんですが、低音が重視されているなど、中々コスパの高いイヤホンとなっています。

それではこれから紹介していきますね!

スポンサーリンク

SONY MDR-XB50の開封

SONY MDR-XB50

若干ピンボケしてすいません(笑)。SONY MDR-XB50は低価格対のイヤホンなので、パッケージは簡素なものとなっています。

SONY MDR-XB50

パッケージを開けてみました。またもやピンボケ(笑)。恋煩いで手元がくるっています(笑)。

SONY MDR-XB50

内容物は、SONY MDR-XB50本体とイヤーチップ(3種類)、ポーチとクリップとなっています。写真には写っていませんが、取説と保証書も同梱されています。

SONY MDR-XB50

SONY MDR-XB50のハウジングです。SONY MDR-XB50にはベースブースターが搭載されており、重低音を実現しています。

SONY MDR-XB50

イヤホン端子はL型。iPhoneやiPad、iPodなどで使用することができます。

SONY MDR-XB50の特長

次に、SONY MDR-XB50の特長をご紹介します。

ベースブースターを採用

鼓膜までの気密を高め、さらにダクトにより低域の振動板の動作を最適化。正確なリズムを刻む圧倒的な量感の重低音。

12mmドライバーユニットを搭載

振動板の有効面積を最大化。小型でありながら高感度・低歪再生を実現。

快適で落ちにくい装着性

ドライバーユニットを小型化し、耳の奥に重心を作ることで、快適で落ちにくい装着性を実現。

絡みにくいセレーションを採用

丈夫な平型コードを採用。コード表面の細かい溝により、絡みの原因である摩擦を低減。

SONY MDR-XB50の音質

SONY MDR-XB50の第1印象は、とにかく低音が強いってことですね。

僕は最近ELTをよく聴くんですけど、低音がハンパなく凄い。

耳の中で低音が暴れまくっています。MDR-XB50は低価格モデルですが、低音が好きな人にも好まれる音質だと思います。

中高音領域もとてもクリアです。楽器の音も聴くことができて、臨場感ありますよ。

ボーカルの声もクリアですし、非の打ち所が無いんじゃないでしょうか。

間違いなく5,000円以下のイヤホンではお勧めできるイヤホンだと思います。

MDR-XB50の付け心地

MDR-XB50の特長で書かせてもらいましたが、装着感はとてもいいです。

ハウジングは大きめですが、安定した付け心地が実現されています。

付けてて心地が良いです。付けているのを忘れるくらいです。ちなみに、僕は1番大きなサイズのイヤーチップを装着しています。

適切なイヤーチップを使えば耳からポロッと落ちることはなさそうです。

MDR-XB50のまとめ

MDR-XB50は低価格ですし、音質にはあまり期待していませんでした。

しかし、MDR-XB50は良い意味で期待を裏切ってくれました。僕は元々SONY信者でして、イヤホン系はSONYしか買いません(笑)

一回オーテクに浮気したんですが、あまりの酷さにオーテクは2度と買わないと心に誓っています。

やはり、イヤホン買うならSONY!!!SONYしかあり得ません(笑)。

ということで、MDR-XB50は価格以上のクオリティを持っていますので、気になる方はチェックしてみては如何でしょうか!?

追記(2017年4月11日)

SONY MDR-XB50を購入して約2週間となりましたが、重低音に満足する日々が続いてます。しっかりと装着すれば遮音性も高く満足度が高いです。

低音強調のイヤホンを探している方はSONY MDR-XB50がおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする