オーディオテクニカ「ATH-AR3BT」の使用を中止。SONYのヘッドホン型ウォークマン「NW-WH303」を使うことにした

シェアする

スポンサーリンク
NW-WH303

かわん(@kawan_clb)です。先日、ほぼ衝動買いで手に入れたオーディオテクニカのBluetoothヘッドホン「ATH-AR3BT」。サブブログにレビュー記事を書かせて頂きました。

でもですね、わずか数日でお蔵入りすることが決定(笑)。今日は「ATH-AR3BT」をお蔵入りした理由をご紹介します。

スポンサーリンク

耳が痛い

「ATH-AR3BT」をお蔵入りした1番の理由がこれです。20分くらい使っていたら耳が痛くなっちゃいました。締め付けがとても強いんです。始めのうちは我慢して使ってたんですが、もう我慢の限界。なんでこんな締め付けを強くするかな・・・

音質が気に入らない

ATH-AR3BTの音質は低音が軽く、中高音に特長のあるヘッドホンです。音は悪くないよ、うん。でもですね、僕は低音マニアなんですよ(笑)聴いてて全然馴染めない。

あと、音に厚みがあり過ぎるんですよ。もうちょっと軽やかがいい。完全に僕好みではないのです。やっぱりヘッドホンは試聴が必須だと実感。

Bluetoothで繋がるまでの時間がウザイ

ATH-AR3BTはiPhoneなどとBluetooth接続して使用します。このBluetooth接続されるまでの時間(数秒)がウザイ。

僕は直ぐに音楽が聴きたいんだ!それを言いだしたら有線ヘッドホン使えよ!って話になりますが(笑)とにかく接続が完了するまでの時間がとてもウザイって思ったんです。

ということでSONYのヘッドホン型ウォークマン「NW-WH303」を使用することにした

今から約2年前、僕はSONYのヘッドホン型ウォークマン「NW-WH303」を購入しています。

【レビュー】SONY NW-WH303 ー スピーカーを内蔵したヘッドホン
【レビュー】SONY NW-WH303 ー スピーカーを内蔵したヘッドホン
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! 今回は「NW-WH303をレビューしよう」っていうお話し。ネットでNW-WH303のレビュー記事探したけど、NW-WH303のレビュー記事ってあんまり見つけることが出来ませんでしたwww ...

購入直後は頻繁に使っていましたが、購入から半年ほど経った頃からお蔵入り状態でした。で、最近、NW-WH303の存在を思い出したんですよ。

そしてNW-WH303を使ってみたんですよ。そしたら「ATH-AR3BT」より音質が僕好み。どうやら僕はSONYの音質が好きみたいです。

ウォークマン「NW-WH303」を使用する理由

NW-WH303

スイッチONで即起動して音楽を聴くことができる

NW-WH303で音楽を聴く場合、NW-WH303内に音楽が保存されている為、他の端末は必要ありません。なので、スイッチONにして「再生」ボタンを押すと即座に音楽の再生が始まります。

ATH-AR3BTで音楽を聴くより短い時間で音楽を聴き始めることが出来るんです。めっちゃいいです、コレ!!!

音質が自分好み

上述したように、音質が僕好みです。低音が強調され中高音の伸びもそれなりにいい。僕はSONY音質に惚れ込んでいる訳です。聴いてて心地良いです。ATH-AR3BT買わなきゃ良かった(笑)

なんだかんだでSONYが好き

ここ最近購入しているガジェットは全てSONY製品。サブブログにレビュー記事を書かせて頂いています。

僕、なんだかんだでSONY製品が好きなんですね(笑)なんというかデザインが好み。なんで、オーテク製品買ってんねんwなんかSONYっていう響きオシャレじゃないですか(笑)

今後、音楽絡みのガジェットを買う時は慎重に選びたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする