【レビュー】SONY「ICF-C1」 ー 作業用BGMを流すのにおすすめのラジオ

シェアする

スポンサーリンク

ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です!

FM/AMラジオが聴けるソニーのクロックラジオICF-C1を購入して数ヶ月が経過しました。今日はこのラジオのレビューをしたいと思います♪

スポンサーリンク

作業用BGMに良い!

引用元:SONY

キューブ型(真四角)のデザインのICF-C1は作業机の上に置いても、小さいので邪魔になりません。しかもオシャレなデザインなので、インテリアとしても楽しめます。

PCで作業を始める場合、YouTubeなどで作業用BGMを探すことがあると思うんですが、あまりに沢山ありすぎて、どれが良いか迷ってしまい中々作業を始めることが出来ない事が多々あります・・・

その点、ICF-C1は、電源スイッチを押せば直ぐに作業用BGM(ラジオ)が流れ始めるので、直ぐに作業を開始することが出来ます。

また、音楽中心(FMラジオ)の作業用BGMに飽きたら、お喋り中心(AMラジオ)の作業用BGMに直ぐに切り替えることが出来ます。

操作はとても簡単。側面に付いたFMーAMスイッチを切り替えて、ラジオ周波数を合わせるだけ。Youtubeで長々と新たな作業用BGMを探す手間が省けます。

音量調整やラジオの周波数合わせはダイヤルでくるくる回すだけ。

ICF-C1で音量調整やラジオの周波数を合わすにはダイヤルをくるくる回すだけ。

左側面が音量調整、右側面がラジオの周波数を合わせるダイヤルになってます。

まぁ、ちょっと面倒な作業ではありますが自分好みの音量の調整は、ボタンで調整するよりダイヤルを回した方が合わせやすいです。

それに、ダイヤルを回すという作業はちょっとしたマニア心をくすぐりますwww

AM放送が受信しにくいところでもワイドFM(FM補完放送)で聴けるようになる!

ワイドFM

引用元:SONY

ICF-C1はワイドFM(FM補完放送)に対応しています。なので、AMラジオが受信しにくいビルやマンションでも100%では無いですが、AMラジオが聴けるようになります。

また、大規模災害などが発生した場合、AMラジオを聴けなくなる場合があります。

そんな時でもこの機能のおかげでAMラジオを聴く事が可能で、ノイズにも強く聴きやすくなります。

災害が発生した場合、ラジオが頼りになるのは周知の事実。ICF-C1はとても頼りになるラジオです。

AC電源稼働なので、いつまでも作業用BGMを楽しめる

ラジオの中には乾電池で稼働するものが多くありますが、ICF-C1はAC電源稼働です。なので電池の減りを心配することが無いのはもちろん、煩わしい電池交換の手間もありません♪

いつまでも心地良く作業用BGMとしてラジオを聴くことが出来ます。

大きく表示される時計。とても見やすい。

ICF-C1

表示窓の明るさ調節が可能 表示窓の明るさを3段階で調節できます。就寝前は明るさを落とすなど、時間や場所にあわせて好みの明るさを選べます。

引用元:SONY

ICF-C1には全面に液晶画面が付いてます。そこに表示されてる情報は、現在の時間だけ。シンプルで大きく現在の時間が表示されてるので時間を確認しやすいです。

また、時計の電源供給はAC電源ではなく、ボタン電池(CR2032、付属)です。停電時、ICF-C1でも時間が確認出来るのは良いですね。

ラジオを聴きながら寝る。ラジオで起きることが出来る。

ICF-C1

引用元:SONY

ICF-C1はスリープタイマーや目覚ましタイマーに対応しています。お気に入りのラジオを聴きながら寝る、お気に入りのラジオで起きる。何だかオシャレですね♪

お寝坊さんのためにスヌーズ機能も付いてますwww

最後に

デジタル機器全盛の時代に、ラジオ”しか”聴けない製品を作るなんてソニーさん勇気ありますなぁって思いましたwww

しかも、インテリアにスパイスを与えるオシャレなデザインのラジオを作るあたり、ソニーさんの本気度を感じます。

でも、作業用BGMに特化した機器だと考えれば、ICF-C1はとても便利な機器に思えてきます。

僕はこれをたまたま見かけて衝動買いしたのですが、今となっては買って良かったと思ってます♪

おしまい★

スポンサーリンク

シェアする

フォローする