【レビュー】テキストエディタ「1Writer」のiPad版を買ってみた

シェアする

スポンサーリンク
1Writer

こんにちは。かわん(@kawan_clb)です。

僕は、専業ブロガーなので、文字を書いてナンボの世界で働いています。なので、キーボードやテキストエディタにはちょっとしたこだわりがあります。

で、今回、テキストエディタで人気のあるアプリ「1Writer 」を買ってみました。

1Writer - Note taking, writing app

600円
(2017.02.02時点)
posted with ポチレバ

今日は、1Writerを、iPad+Bluetoothキーボードを使った時の使用感をご紹介できればと思います。

スポンサーリンク

イケテないよ、このアプリは。

1Writerは600円で販売されているアプリで、そんなに高価なアプリではないですが、同じ600円を出すなら「するぷろ」を買いますね。

特にモブログをしているなら、1Writerよりもするぷろをオススメ。はっきり言いましょう。1writerに600円も出す価値はありません!

なぜイケテないのか!?

1Writerは、テキスト入力支援アプリ「TextExpander」に対応しています。

TextExpander 3 + custom keyboard

600円
(2017.02.02時点)
posted with ポチレバ

もちろん、するぷろも「TextExpander」に対応しておりますが、使い勝手はするぷろの方が上です。TextExpanderは、カーソルの位置を指定することが可能なのですが、1Writerは、カーソル位置指定が無視されます。

例えば、Textexpanderで、「<h2>%|</h2>」と指定した場合、するぷろの場合は「%|」の位置にカーソルがきます。

<h2>|</h2>

という感じに。しかし、1Writerの場合はこうはならず、

<h2></h2>|

カーソルが</h2>の後になります。これ、クソ仕様です(笑)なぜこうなるんだよ・・・TextExpanderの魅力が半減だよ!!!

まぁ、1Writerの難点と言えばこれくらい。便利なアクションを登録できるので便利ではありますね。僕の場合、ほとんどアクションを使いませんが!アクションに関する詳細は、以下のサイト様で詳しく確認することができますので、気になる方はチェックして下さいね!

AppStoreアプリアイコン取得プログラム
https://halspg.wordpress.com/2015/02/02/1writerに快適なメモ環境を構築する/

それでもなぜ1Writerを使うのか!?

正直、1Writerを買って失敗だと思っているのですが、1点だけ良かったことがあります。それは、ブログエディタの「PressSync Pro」と連携できる点です。

1Writerで書いた文章を、そのままPressSync Proに転送できます。

1Writer

今まではするぷろで書いたものをPressSync Proに転送していたので手間的には変わりませんが、たまにするぷろが重くなることがあって、イライラが頻発していました。

その点、1Writerは軽快で安定していますし、この点だけは満足しています。画面もシンプルですし、文章作成が捗りますよ〜

まとめ

1Writerは、上述した「アクション」を組み合わせると中々使い勝手がよさそうです。アクションを駆使して使えば重宝するアプリとなりそう。

僕の場合、アクションをほとんど使わないので、1Writerの魅力の半分程度しか使ってないというところでしょうか!?

個人的に思ったのは以下のような感じ。

  • するぷろ持ってたら必要ない
  • PressSync Proとの連携は便利
  • シンプルな画面で文章作成が捗る

何回も書いていますが、「するぷろ」を持っていたら、わざわざ1Writerを買う必要はありませんが、するぷろを持っておらず、PressSync Proと連携したい方は1Writerを使う価値はありそうです!

おしまい!

1Writer - Note taking, writing app

600円
(2017.02.02時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする