Apple、コードネーム「T310」を開発中か – ARMベースのMac用チップ!?

シェアする

スポンサーリンク
MacBook Pro

こんにちは。かわん(@kawan_clb)です。

Linkmanさんによれば、Appleがコードネーム「T310」と呼ばれるMac向けチップを開発していると報じています!!!

スポンサーリンク

更に省電力が進む!?

「T310」は、ARMベースのMac向けチップで現在開発中の模様。次期Macで搭載されるのではないと見られています。

また「T310」は、MacBook Pro(2016)のTouch Barに搭載されているチップに似ており、Macの「PowerNap」に使われるチップとのこと。

「T310」が搭載されれば、更に省電力化が期待され、バッテリー寿命が長くなると期待されています。

なお、MacBook Pro(2016)には「T1」というチップが搭載されており、これの後継モデルとなりそうです。

バッテリー持ちいいの!?

僕は、MacBook Pro(2016)を持っていないのですが、MacBook Pro(2016)はバッテリー持ちが良いのでしょうか!?

一部のMacBook Pro(2016)では、バッテリー持ちが悪いと酷評されているようですので、個人差があるのかな?

今回ご紹介した「T310」チップが省電力化に貢献することは間違いないので、次期MacBook Proなどでバッテリー持ちが良くなるといいですね!

【via Linkman

スポンサーリンク

シェアする

フォローする