AirPods、ファームウェア「Ver3.5.1」にアップデート – バグ修正か!?

シェアする

スポンサーリンク

AirPods

こんにちは。かわん(@kawan_clb)です。

Appleが、AirPodsのファームウェアをアップデートしたようです。最新のファームウェアは「Ver.3.5.1」となります。

スポンサーリンク

バグ修正がメインか!?

今回のファームウェアアップデートの内容は明らかになっていませんが、バグ修正がメインとなっているようです。

最新のファームウェアが適用されているかどうかの確認は、情報元のgori.meさんによりますと、「設定」アプリを開き、「一般」>「情報」>「AirPods」から確認することが可能で、ファームウェアのバージョンが「3.5.1」になっていれば、アップデートが完了しているとのこと。

アップデートの方法

AirPodsのファームウェアアップデートは、AirPodsとiPhoneがペアリングされた状態で、iPhoneがWi-Fiに接続されている状態にする必要があります。

また、AirPodsをケースの中に入れ、充電された状態にするとファームウェアアップデートが完了するようです。

AirPodsは、突如切断されてしまうなどの不具合があるようですが、今回のアップデートで治るといいですね!ファームウェアのDLも簡単ですし、AirPodsを使っている方はアップデートをオススメします!

【via gori.me

スポンサーリンク

シェアする

フォローする