ジャパンディスプレイ、折り曲げ可能な液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE FLEX」を発表 – 将来のiPhoneで採用か!?

シェアする

スポンサーリンク

こんにちは。かわん(@kawan_clb)です。

ジャパンディスプレイが、折り曲げ可能な液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE FLEX」を発表しました。

スポンサーリンク

折り曲げ可能な液晶ディスプレイ

FULL ACTIVE FLEXは、TFTを形成する基板を従来のガラスではなく、プラスチックを採用。これにより、超薄型化を実現。落下衝撃にも強いものとなっています。

また、FULL ACTIVE FLEXは折り曲げ可能となっていますので、曲面形状を形成することができます。

FULL ACTIVE FLEXは2018年の量産開始を目指しており、将来のiPhoneでも採用される可能性があります。

このディスプレイがiPhoneに搭載されれば、より自由度の高いデザインのものが登場しそうな予感!?但し、筐体も折り曲げ可能な素材を利用する必要があるため、実現性は低いか!?

ただ、将来のiPhoneでは曲面ディスプレイを採用する噂がありますので、2018年に登場するiPhoneに採用されるかも!?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする