iPhone7でモブログしている僕が、久々にBluetoothキーボードを使ってみた

iPhone7 キーボード

11月19日からiPhone7でモブログしている僕。iPhone7単体でモブログできるよう、フリック入力の練習を2週間ほど行なっています。

フリック入力をマスターすれば、Bluetoothキーボードを持ち歩かなくていいからね♪まぁそんな感じなんですが、最近、悩みが勃発。

それは、iPhone7の画面の滑りが悪くて、誤入力を頻発すること。

画面を拭いても効果なしだし・・・しかも僕は手に汗をかきやすい体質で、手に汗をかくと、尚更滑りが悪くて誤入力を頻発。とてもイライラしてました。

スポンサーリンク

Bluetoothキーボードを使ってみた

フリック入力に嫌気がさした僕は、久々にBluetoothキーボードを使ってみました。

使用しているBluetoothキーボードは、AppleのMagic Keyboard。

キーストロークは浅いですが、程よいキーピッチで物凄い打ちやすいです。

そして、文字入力もフリック入力に比べれば格段に速い!フリック入力をマスターしたって思ってたのですが、まだまだキーボード入力の方が速いってことが分かりました。

フリック入力はやめた

元々、フリック入力に拘った理由としては、マクドナルドやカフェなど出先でブログを書く場合、キーボードを取り出すと人の目を気にするしキーボードを取り出すなんて大層なことだと思っていたのです。

なので、フリック入力をマスターし出先ではiPhone7単体でブログを書きたいと思ったのです。

でも、上述したように画面の滑りが悪く誤入力を頻発。そしてイライラするのでフリック入力による記事作成は辞めました。

今後は出先でブログを書く場合、キーボードを使うことになりますが、人の目なんか気にしない、そもそも誰も僕のことなんか見ていないと暗示をかけて、iPhone7+Bluetoothキーボードで記事をガンガン書きたいと思います。

久々にキーボードを使用してみて

キーボードの使用は約2週間ぶりとなるのですが、やはり文字入力が快適ですね。

まぁ、僕がブラインドタッチできるということもあり、フリック入力より数倍速く文字入力ができます。

頭で思ったことを即座に文字として出力。この快感がたまりません(笑)

また、文字の選択も楽ですね。フリック入力だと画面タッチで行う必要がありますが、キーボードだと「Shift」+矢印キーで行うことができますから。

あとは、コピペとかも簡単ですね。Macのショートカットキーがそのまま使えますから。

今後、フリック入力による記事作成はかったるいので多分やらないと思います。

まとめ

今回は、iPhone7でモブログする場合にBluetoothキーボードを使用して見た感想をご紹介しました。

この記事はもちろんiPhone7+Bluetoothキーボードで書いているのですが、フリック入力より数倍速く書くことができました。

キーボードは素晴らしいですね。これからは自宅でも出先でもBluetoothキーボードを使用して記事をガンガン書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

筆者について

2015年9月にうつ病を発症後、双極性障害、社交不安障害となり会社を休職。妻からは見放され離婚。

傷病手当金など社会保障を受けることができないので、マイペースで出来る専業ブロガー、ライターとして活動して生活しています。

ブログではApple関係のニュースを中心に配信していますが、AndroidやWindows、デジカメ、企業様からご依頼頂く商品レビューの記事も配信しています。

記事作成のご依頼や商品レビューのご依頼などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。基本的には24時間以内にお返事致します!

お問い合わせ