【レビュー】ソニー 「MDR-ZX330BT」ー バランスの良い音質で30時間の連続再生!

シェアする

スポンサーリンク

MDR-ZX330BT

前から欲しかったワイヤレスヘッドホンをようやく購入することができた。僕が購入したのはソニーのワイヤレスヘッドホン「MDR-ZX330BT」。

今回は「MDR-ZX330BT」のレビューをお届けする!

スポンサーリンク

MDR-ZX330BTの外観をチェック

MDR-ZX330BT

MDR-ZX330BT

見た目は普通のヘッドホンだ。ブラックでカッコイイが、ヘッドバンドはプラスチックで安っぽい。締め付けはかなり強く、小1時間装着すると耳が痛くなりそうだ。

但し、本体がかなり軽いので長時間使用しても重いと感じることはなさそうだ。

MDR-ZX330BT

音量調整や曲送り、曲戻しができるボタンが右耳部にある。楽曲を操作するとき、MDR-ZX330BTとペアリングした端末で行わなくていいので便利だ。

充電は付属のケーブルで行う。満充電に4時間かかるが、連続再生30時間と長寿命なBluetoothヘッドホンになっている。

MDR-ZX330BT

耳が当たる部分は柔らかい素材となっている。締め付けによる耳へのストレスを軽減してくれそうだ。

MDR-ZX330BTの音質をチェック

最も気になるMDR-ZX330BTの音質を紹介しよう。MDR-ZX330BTの音質を一言で言えば低音から中高音までバランスのよい音質だ

ただ、低音好きな方には少し物足りないかもしれない。僕は低音好きなのだが、ギリギリ許せるレベルだ。もう少しズシンとくる低音なら良いのだが・・・

なお、ボーカルの声もクリアでこもることもない。非常にクリアな音質だ。特に女性ボーカルの楽曲は透き通るような声で聴くことができる。

なお、音質の感じ方は個人差があるので、MDR-ZX330BTを購入予定なら一度試聴した方が良さそうだ。

MDR-ZX330BTの装着感

次にMDR-ZX330BTの装着感をご紹介しよう。上述したようにMDR-ZX330BTの締め付けはかなり強いので、長時間装着していると耳が痛くなる恐れがある。

ただ、本体は約150gとかなり軽いので長時間装着していても重たさを感じることは少ないだろう。これで締め付けがもう少し弱ければ言うことなしなのだが・・・

また、MDR-ZX330BTはワイヤレスとなっているので、有線ヘッドホンでありがちなケーブルが「邪魔」「鬱陶しい」という思いをしなくていい。

僕は本製品のほかにも有線ヘッドホンを所有しているが、ケーブルが邪魔と感じることが多くストレスになっていた。

しかし、MDR-ZX330BTを使用することでケーブルによるストレスから解放されて嬉しいと思っている。

MDR-ZX330BTのまとめ

今回はMDR-ZX330BTのレビューをお届けした。MDR-ZX330BTのメリットは何と言ってもワイヤレスということ。

ケーブルがないので、当然ケーブルが邪魔になることもない。ケーブルによるストレスから解放されて晴々とした気持ちだ。

ただ、MDR-ZX330BTは締め付けが強く、長時間使用すると耳が痛くなるかも知れないという難点も。ちなみに30分ほどMDR-ZX330BTを装着してみたが耳が痛くなることはなかった。

意外に長時間MDR-ZX330BTを装着していても耳が痛くなることはないかも知れない。また、30時間の連続再生も魅力的!

通勤通学など普段使いにも適したヘッドホンだ。ワイヤレスヘッドホンをお探しの方は本製品を検討してみては如何だろうか!?

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット  MDR-ZX330BTC
ソニー (2015-04-24)
売り上げランキング: 11,018
スポンサーリンク

シェアする

フォローする