【レビュー】OLYMPUS STYLUS SH-3で写真を撮ってみた感想

シェアする

スポンサーリンク

Untitled by Yos Kawan on 500px.com

先日からOLYMPUS STYLUS SH-3を購入して使い始めている。STYLUS SH-3はコンデジなので、画質は正直期待しておらず、携帯性を重視してSTYLUS SH–3を購入した訳だ。

STYLUS SH-3を購入後、愛用していたPENTAX K-S1を売り飛ばした訳だが、結果的にはSTYLUS SH-3の画質で十分満足している自分がいる。

今回はSTYLUS SH-3で撮影した写真を紹介していこう!

スポンサーリンク

STYLUS SH-3で撮影した写真

Untitled by Yos Kawan on 500px.com

道端に落ちている葉っぱを撮影。STYLUS SH-3で撮影したあと、Photoshopでモノクロ加工している。葉っぱの質感などもしっかりと猫写されていることが分かる。

Untitled by Yos Kawan on 500px.com

STYLUS SH-3の「スーパーマクロ」モードで撮影。コンデジでもこれだけ大きく写せることが可能だ。流石にデジタル一眼レフカメラのマクロレンズには負けるが、コンデジでもここまで大きく撮れたら大満足だ。花びらの質感も見事に猫写されている。

Untitled by Yos Kawan on 500px.com

こちらもSTYLUS SH-3のスーパーマクロで撮影。花びらの質感も見事に猫写。流石に背景のボケ味はデジタル一眼レフカメラよりも劣ってしまう。

Untitled by Yos Kawan on 500px.com

STYLUS SH-3で撮影後、彩度を極力落とし、色を薄くするようPhotoshopで加工。雲の質感もあり個人的には好きな1枚だ。ちなみに撮影場所は大阪府吹田市の万博記念公園で撮影している。

Untitled by Yos Kawan on 500px.com

STYLUS SH-3で撮影後、モノクロ加工。風景の画質は愛用していたPENTAX K-S1と遜色ない写りだと思っている。

まとめ

今回はSTYLUS SH-3で撮影した感想を作例を交えてご紹介した。個人的には、STYLUS SH–3に乗り替えて正解だったと思っている。

案外使えるのがSTYLUS SH-3の「スーパーマクロ」モード。背景のボケ味はデジタル一眼レフカメラに劣るが、十分マクロ撮影が可能である。

STYLUS SH-3は実売3万円程度で購入できるデジカメ。比較的安価なカメラで実用性十分だ。作品を撮影するのにも十分なカメラだ。

写真を趣味にしている方にも適したカメラ。デジタル一眼レフカメラのサブカメラとして使っても良いだろう。

日々の記録写真から作品を撮影するのにも適したカメラ。カメラの購入を検討している方は、STYLUS SH-3を検討してみては如何だろうか!?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする