サムスン、Galaxy Note 7の代替モデルでも問題発生 – バッテリーの異常消耗や熱くなる

シェアする

スポンサーリンク

Galaxy Note 7

バッテリー爆発事故を起こしているGalaxy Note 7だが、代替モデルでも不具合が発生しているようだ。

iPhone Maniaさんによれば、問題が解消されているはずの代替モデルでもトラブルが発生していると伝えている!

スポンサーリンク

代替モデルでもトラブルが!?

情報元によれば、韓国国内の一部のユーザーから交換で受け取ったGalaxy Note 7について、すぐにバッテリーが消耗するだけでなく、充電時に異様に熱くなるとの苦情が出ている模様。

バッテリーの不具合は、韓国メディア「Insight」が報じたバッテリー残量が残り60%以上残っているのにも関わらず、突然0%になり電源が落ちるという不具合に似ている。

サムスンはこの問題について、「バッテリーとは無関係の問題であり、製造プロセスで起きた別の問題が原因」と説明している。

ただ、この問題を受けてGalaxy Note 7の販売再開については当初の予定を3日繰り下げた10月1日になると発表している。

現時点で交換品の不具合がどの程度の規模で発生しているかは分かっていない模様。一連の不具合はAppleのiPhone7/7 Plusよりも前に発売しようとして、Galaxy Note 7の製造を急がせたのが原因と指摘されている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする