【レビュー】エレコム「LBT-PAR150」ー 有線イヤホンをワイヤレスに!

シェアする

スポンサーリンク

ELECOM エレコム iPhone6s/6s Plus/Android/タブレット 対応 Bluetooth オーディオレシーバ ーNFC・AAC対応 ブラック LBT-PAR150BK

ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です!

有線イヤホンをワイヤレス化したいと思ったことはありませんか!?そんな時に活躍するのが今回ご紹介するエレコムの「LBT-PAR150」。

LBT-PAR150は、有線イヤホンはもちろん、有線ヘッドホンもワイヤレス化できるというもの!コリャ便利だ!

僕は、ワイヤレスイヤホン派でして基本的にはワイヤレスイヤホンしか使いません!使っているのはソニーの MDR-EX31BN。ノイズキャンセリングイヤホンです。

【レビュー】ソニー「MDR-EX31BN」ー 騒音をシャットアウトできるイヤホン
【レビュー】ソニー「MDR-EX31BN」ー 騒音をシャットアウトできるイヤホン
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! 数カ月前にソニーの「MDR-EX31BN」を買いました。MDR-EX31BNは、ノイズキャンセリング付きのワイヤレスイヤホンとなっています。これを使えば騒音とおさらば!? 今回は、ノイズキャンセリングイ...

MDR-EX31BNに特に不満はないのですが、有線で気に入っているイヤホンもある!

【レビュー】Jayfi JA40は低音が強調されつつ中高音がクリアな音質の物凄い良いイヤホン!
【レビュー】Jayfi JA40は低音が強調されつつ中高音がクリアな音質の物凄い良いイヤホン!
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! 僕は基本的にヘッドホン派で、イヤホンはあまり使いません。しかもイヤホンとなると有線イヤホンはケーブルが鬱陶しいのでワイヤレスしか使いません! ただ、今回JAYFI様からご提供頂いたイヤホン「JA40」は...

それなら有線イヤホンを無線化できるガジェットを手に入れれば良いやん!って思いまして、LBT-PAR150を買ってきました(もちろん自腹で!)

それでは早速LBT-PAR150のレビューをお届けしますね!

スポンサーリンク

LBT-PAR150の開封

LBT-PAR150

さっそく開封していきましょう。細長い箱に入っています。

LBT-PAR150

箱を空けると取扱説明書が3つ、LBT-PAR150本体、LBT-PAR150を充電するためのUSBケーブルが入っています。

小さな箱に3つも取説を詰め込んでいるもんだから取説がシワクチャ!

LBT-PAR150

ボタンは「電源」ボタンと「マルチファンクション」ボタンのみ。ボタンの役割は以下の通り!

ボタン 機能
電源/ホールド 電源オン/オフ。2回押しでホールド
マルチファンクションボタン ペアリング 電源オンの状態からマルチファンクションボタンを3秒以上長押し(赤と青でLEDランプが交互に点滅)
音量調整 音量大は「+」側に倒す。音量小は「ー」側に倒す
再生/一時停止 ボタンを押すと再生/停止
曲送り/曲戻し 右に倒すと「曲送り」左に倒すと「曲戻し」
受話/終話 着信時、通話中に短く押す

LBT-PAR150

上部は3.5mmイヤホン端子があります。

LBT-PAR150

Beats by Dr.Dre UrbeatsをLBT-PAR150に接続してみました。マッチしています。カッコイイ(自己満足!)

【レビュー】Beats by Dr.Dre Urbeats ー クリアな音質が魅力的なイヤホン
【レビュー】Beats by Dr.Dre Urbeats ー クリアな音質が魅力的なイヤホン
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! iPhone5s用にbeatsのイヤホン「Beats by Dr.Dre Urbeats」を買いましたのでレビューしたいと思います。音質のレビューもしてみました。 Beats by Dr.Dre Urb...

LBT-PAR150

裏側にはクリップになっています。服やズボンのポケットなどにとめることができます。

LBT-PAR150は低音よりの音質

LBT-PAR150にBeats by Dr.Dre Urbeatsを接続して楽曲を聴いてみました。物凄い低音です。元々Beats by Dr.Dre Urbeatsは、低音よりの音質ですがそれに輪をかけて低音が強調される感じ。

僕は低音が好きなので大満足!ちなみに音切れとかせず快適に聴くことができました。雑音など不快な音が発生することもありません!

最小音量が大きい。改善希望!

LBT-PAR150は最小音量でもとても大きいです。というのもLBT-PAR150の最小音量は、

LBT-PAR150

iPhone側の下から2個めが最小音量になってしまいます。なので最小音量でもかなり大きい。これは改善希望!

LBT-PAR150

ただ、LBT-PAR150と接続するイヤホンをしっかりと挿すのではなく、5mmほど空けた状態で挿せば程よい最小音量となります。

でもこの状態で音量を上げると雑音が入ります。なので、最小音量が大きいという場合にだけ有効な方法です。音量を上げる時はLBT-PAR150にイヤホンをしっかりと挿しましょう。

さいごに

今回はLBT-PAR150のレビューをお届けしました。最小音量が大きいという以外は大きな不満はありません。

外出時はiPhoneをズボンのポケットにしまったまま楽曲の操作(再生や停止、曲送りや曲戻し)ができるのは非常に便利!

机の椅子に座って作業をする時もiPhoneを机の片隅に置いておけば、あとはLBT-PAR150を使って楽曲の操作出来る!iPhoneを持つという手間が省けて何気に便利です(ちょっとしたことですけどねw)

まぁ、そんな感じで手頃な価格で販売しているLBT-PAR150。気になる方はチェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする