【レビュー】ロジクール K380 ー 程よいキーピッチで打ちやすいキーボード

シェアする

スポンサーリンク

ロジクール K380

ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です!

Amazonのタイムセールでお安くなっていたロジクールの「K380 Bluetoothマルチデバイスキーボード」を衝動買いしましたw

普段は、リュウドのBluetoothキーボード「RBK–3200BTi」を使用しており、本来なら必要のないものですが、前から気になっているキーボードだったため、タイムセールでお安くなっていたのもあり購入したのです★今回は、ロジクール K380 Bluetoothマルチデバイスキーボードのレビューをお届けしたいと思います★

スポンサーリンク

ロジクール K380 Bluetoothマルチデバイスキーボードのレビュー

それでは早速ロジクール K380 Bluetoothマルチデバイスキーボードのレビューをしていきたいと思います!まずはK380の特長をご紹介しますね★

  • WindowsやAndroid、iOSなどマルチOSに対応
  • キーピッチ18mm、キーストローク1.5mm
  • 3台までペアリング可能(ボタン1つですぐに切替)
  • 電池寿命2年

電池寿命が2年とは驚異的ですね。キーピッチも18mmとなっており、ノートPCと同じくらいのキーピッチなので、打ちやすいキーボードとなっています。それでは、写真を交えてK380をご紹介していきますね★

ロジクール K380

ボタン1つ1つが丸型のデザインとなっており、とても可愛らしいデザインのキーボードです。上にも書きましたが、キーピッチは18mm、キーストロークは1.5mmとなっています。

ロジクール K380

3台までペアリングが可能です。僕は1にiPad Air2、2にiPad mini2、3にiPhoneを登録しました。機器の切替はボタンを押すだけで即座に切替することができます。

ロジクール K380

K380を横から見ると緩やかに傾斜しています。傾斜のないタイプのキーボードよりも打ちやすいのではないかと思います。

ホットキー

上にも書きましたが、K380はマルチOSに対応したキーボードとなっており、OSごとにホットキーの挙動が異なります。以下にOSごとのショートカットキーをご紹介しておきますね★

キー F4 F5 F6 F7 F8 F9 F10 F11 F12 ins del
Android ホーム アプリの切替 メニュー 戻る 前のトラック 再生/一時停止 次のトラック ミュート 音量を下げる 音量を上げる 削除
Windows7,8,10 ブラウザ
ホームページ
アプリケーションの切替 コンテキストメニュー ブラウザの「戻る」 前のトラック 再生/一時停止 次のトラック ミュート 音量を下げる 音量を上げる 削除
Mac OS X Launchpad ミッションコントロール メニュー ブラウザの「戻る」 前のトラック 再生/一時停止 次のトラック ミュート 音量を下げる 音量を上げる カーソル右側にある文字を削除
iOS ホーム オンスクリーンキーボードの表示/非表示 ホーム 前のトラック 再生/一時停止 次のトラック ミュート 音量を下げる 音量を上げる カーソル右側にある文字を削除

ショートカットキー

ショートカットキーもホットキーど同様、OSごとに挙動が異なります。以下にご紹介しておきますね★

キー fn+Tab fn+X fn+C fn+V fn+◀︎ fn+▶︎ fn+▲ fn+▼
Android プリントスクリーン 切り取り コピー 貼り付け ホーム(テキスト編集時) エンド(テキスト編集時) ページアップ ページダウン
Windows7,8,10 プリントスクリーン 切り取り コピー 貼り付け ホーム(テキスト編集時) エンド(テキスト編集時) ページアップ ページダウン
Mac OS X スクリーンのロック 切り取り コピー 貼り付け 前の語を選択 次の語を選択 ページアップ/輝度アップ ページアップ/輝度ダウン
iOS 画面キャプチャー 切り取り コピー 貼り付け 前の語を選択

あれ?キーがちゃんと打てない!?

K380は、現在選択しているデバイスのOSを自動的に検知してキーの再マッピングを行いますが、まれにきちんと検知されない場合があるようです。

そんな時は、手動で選択を行う必要があり、以下のキーを3秒長押しします。

Mac OS X/iOS Windows/Android/Chrome
fn+l fn+P

キーラベルの色について

ロジクール K380

K380のキーを見ると、グレーのラベルが印字されています。これは、Mac OS X及びiOSで利用可能なキーとなっています。「Shift」キーを押しながらキーを押す必要があります。

打ちやすさはどうなのか?

この記事をK380を使って書いてますが打ち心地はかなり良いです★キーピッチもRBK–3200BTiと同じですしほとんど違和感なく文字入力することができています。

ただし、キーが丸型なので若干打ちにくさを感じることがあります。これは慣れれば問題ないと思います。

また、キーの印字と異なる文字が入力されることがあり、上にも写真で紹介しましたが、グレーの印字で表示されているキーを入力するには「Shift」キーを押しながらキーを押す必要があります。慣れれば問題ないでしょうが今はこれに戸惑っています。

RBK-3200BTiと比べて

まだ、K380を使って間もないので、現段階ではまだRBK–3200BTiの方が打ちやすいです。しかし、K380もRBK–3200BTiと変わらず程良い打刻感で打ってて楽しいです。

また、上で紹介した「ホットキー」ですが、RBK–3200BTiの場合はFnキーを押しながらでないとダメでしたが、K380の場合Fnキーを押さなくても良いので地味に便利です★

また、僕が1番重要視している点は言語切替(入力切替)なのですが、K380には「英数」「かな」キーがあり、そのボタンを押すだけで言語切替(入力切替)できるのも良い点です。

愛用中のキーボード「リュウド RBK-3200BTi」の良いところをご紹介します!
愛用中のキーボード「リュウド RBK-3200BTi」の良いところをご紹介します!
ども、かわん@双極性障害&社交不安障害ブロガー(@kawan_clb)です! 今回は、僕が愛してやまないBluetoothキーボード「リュウド RBK–3200BTi」のご紹介をしたいと思います。 僕にとって、iPad Air2でモブログするにはRBK–32...

K380のスペック

K380のスペックをご紹介しておきますね★K380をご購入予定の方は参考にしてくださいね!

K380 Bluetoothマルチデバイスキーボードのスペック
対応OS Windows7,8,10
Mac OS X10.10以降
Chrome OS
Android3.2以降
iOS5以降
Apple TV第2,3世代
サイズ(高さ×幅×奥行き) 124mm×279mm×16mm
重さ 423g(電池を含む)
カラー ブラック/ブルー/レッド
キーレイアウト 84キー日本語レイアウト
キーピッチ 18mm
キーストローク 1.5mm
押下圧 60g
角度調整機能
電池寿命 最大2年
保証 2年間無償保証
パッケージ内容 製品本体/単四乾電池(2本)/説明書

最後に

今回は、衝動買いしたロジクール K380のレビューをお届けしました。実売3,000円程度でありながら、約7,000円もするRBK–3200BTiと肩を並べるくらいの性能を持つこのキーボードに僕はベタ惚れしましたw

今後、自宅ではK380を使用し、出先ではRBK–3200BTiを使用したいと考えています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする